交通

過去3年間の交通事故発生状況

摘要 熊本県 大津署管内 西原村
発生事故件数 平成19年 12,091  986 22
平成20年 11,522  1,001  36
平成21年 11,157  943 32
死亡者数 平成19年 103 6 1
平成20年 98 8 3
平成21年 88 5 0
負傷者数 平成19年 15,524  1,314 30
平成20年 14,663  1,276 43
平成21年 14,308  1,211  51

※県内では、発生件数、死亡者数、負傷者数ともに減少傾向にあるが、大津署管内では人口増加や開発による流入人口によりあまり減っていない。物損事故等も含めると年間、5000件超の交通事故が発生しており、西原村内でも管内の3~4%程度ではあるが、死亡事故も発生している。

交通安全協会

 大津地区交通安全協会は、大津警察署管内4支部(合志支部、菊陽支部、大津支部、西原支部)で構成されています。交通安全協会はみなさまが運転免許取得時や更新時に支払われる「交通安全協会費」をもって運営されており、交通安全教室の実施・啓発運動・講師の派遣、また新小学1年生への黄色の帽子や傘などをプレゼントしています。

交通指導員&母の会

 交通指導員は、村内9嘱託区より選出された9人と役場職員6人の15人体制で活動しています。また、母の会も同様に各嘱託から選出された9人で一緒に活動しています。春・秋の全国交通安全運動期間中、街頭指導や広報及びパトロール巡視、各種イベントでの交通指導やこどもたちへの交通安全指導など活動しています。また、これとは別に大津地域交通安全活動推進員が村内に3名おられ、独自の活動をされています。

地域安全パトロール 交通安全指導

交通災害共済制度

 万一、交通事故により死亡または負傷された場合、実際に入院や通院をされた日数に応じ、見舞金を受けることができます。
(全額村費負担です。個人の掛け金はありません。)

区分 災害の程度 金額(円)
1等級 死亡 100,000
2等級  180日以上の治療を要した傷害 50,000
3等級  90日以上の治療を要した傷害 30,000
4等級 30日以上の治療を要した傷害  15,000
5等級  10日以上の治療を要した傷害  10,000

 ただし、治療のない貴家kンが30日を超える場合はその期間を除きます。
 請求には、交通事故証明書が必要になりますので、事故にあったら必ず最寄りの警察署に届けてください。そのほか必要書類は、役場にあります。なお、請求期限は事故発生の日から1年以内です。
詳しくは下記にお問い合わせ下さい。

 

 

modoru1.gif

■お問い合わせ

西原村役場 総務課
  電話番号:096-279-3111  ファクス番号:096-279-3506

©copyright Nishihara village. All rights reserved.