本文へスキップ

ホーム > 新着情報一覧 > 食中毒に気をつけましょう

食中毒に気をつけましょう

 食中毒は、主にウイルスや細菌に感染し、発熱や下痢、腹痛、おう吐などの症状がでる病気です。食べ物や水を介して感染する他、人から人、ペットから人へもうつることもあります。
 食中毒の原因となるのは、細菌やウイルス、寄生虫など様々です。原因によって潜伏期間や流行する時期もかわります。

食中毒の原因となる食べ物の一例

・腸炎ビブリオ・・・刺身など
・サルモネラ・・・卵や卵の加工品、加熱不足の肉など
・黄色ブドウ球菌・・・おにぎり、弁当など
・大腸菌(O-157含む)・・・加熱不足の肉、生野菜など
・カンピロバクター・・・鶏肉、牛レバーなど
・ノロウイルス・・・牡蠣などの貝類

食中毒予防のポイント

 食中毒の原因菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」

 (1)「つけない」=洗う!分ける!
 手にはさまざまな雑菌が付着しています。食中毒の原因菌やウイルスを食べ物につけないように、以下のようなときは必ず手洗いをしましょう。

・調理を始める前
・生の肉や魚、卵などを触る前後(生の食材には菌やウイルスがいます)
・おむつを交換したり、動物に触れた後
・食卓につく前
・残った食べ物を扱う前

 また、生の肉や魚を切ったまな板などの調理器具も使用の都度、加熱しないで食べる野菜や果物に菌がつかないようにきれいに洗い、できれば殺菌(熱湯や台所用洗剤を利用)しましょう。食品の保管の際にも、菌が付着しないように、密封容器に入れたりラップをかけるようにすることが大切です。

(2)「増やさない」=低温で保存する!
 細菌の多くは高温多湿な環境で増殖します。10℃以下では増殖がゆっくりとなり、-15℃以下では増殖が停止します。肉や魚などの生鮮食品、総菜などは購入後、できるだけ早く冷蔵庫に入れましょう。冷蔵庫に入れていても細菌はゆっくり繁殖しますので、早めに食べるようにしましょう。

(3)「やっつける」=加熱処理!
 ほとんどの菌やウイルスは加熱によって死滅します。中心部までしっかり加熱しましょう。目安は「中心部を1分以上、75℃で加熱すること」です。ふきんやまな板、包丁などの調理器具も洗剤でよく洗ってから熱湯をかけて殺菌すると効果的です。

  原因ウイルスを「持ち込まない」「ひろげない」「つけない」「やっつける」

(1)「持ち込まない」=健康状態の把握・管理!
 ウイルスに感染しないようよう健康管理や健康状態の把握をおこない、嘔吐や下痢などの症状がある場合は、調理を行わないようにしましょう。

(2)「ひろげない」=定期的な消毒・清掃!
 こまめな手洗い、ふきんやまな板、包丁等の調理器具は洗剤でよく洗った後、熱湯消毒を定期的に行いましょう。調理台も清潔に保つようにしましょう。

(3)「つけない」「やっつける」=細菌やウイルスの付着を防ぐ正しい手の洗い方
 手に付着した細菌やウイルスは、水で洗うだけでは取り除けません。指の間や爪の中まで、石けんを使って正しい方法で洗いましょう。

「ポイント」
・爪は短く切っておく
・時計や指輪ははずしておく
・洗った手は、清潔なタオルやペーパータオルで拭く
・洗った手にアルコール除菌をするとより効果的

食中毒かなと思ったら

 食中毒の一般的な症状は、発熱や下痢、腹痛、おう吐です。おう吐や下痢は、体が毒を出そうとする反応です。市販の下痢止めなどの薬をむやみに服用せず、病院を受診しましょう。食中毒が疑われる場合は、安静にして脱水を防ぐために水分をしっかり摂りましょう。冷たい飲料水ではなく、常温か少し温かいものにしましょう。食事が取れるようでしたら、消化の良いもの(おかゆ、うどん、バナナなど)がお勧めです。
 しかし、下痢が続く、半日以上尿が出ない、意識がもうろうとする、おう吐が続く、血便が出るなどの症状がある場合は、すぐに病院を受診しましょう。

厚生労働省「食中毒」(外部リンク)

お問い合わせ

西原村役場 保健衛生課 環境係
代表電話番号:096-279-3111 / 直通電話番号:096-279-4397
FAX番号:096-279-3438

ページの先頭へ