本文へスキップ

ホーム > 新着情報一覧 > 10月は土地月間です

10月は土地月間です

10月は土地月間です

 土地は、国民のための限られた貴重な資源であり、私たちの生活や企業活動にとって不可欠な基盤です。将来の子どもたちのため、明日の豊かな暮らしのためにも土地の有効利用が大切です。
 土地の有効利用の実現のためには、国や地方公共団体ができる限りの取組みを行うことはもちろんですが、何よりも土地施策への国民の皆様のご理解とご協力が不可欠です。
 国土交通省では毎年10月を「土地月間」、10月1日を「土地の日」と定め、土地に関する基本理念の普及・啓蒙活動の充実を図っています。

大規模な土地取引には届出が必要です

 乱開発や無秩序な土地利用を防止するために、一定面積以上の大規模な土地取引をしたときは、国土利用計画法に基づく届出が必要です。
 土地取引の契約をしたときは、権利取得者(売買の場合であれば買主)は、契約を結んだ日を含めて2週間以内に土地の所在する市町村へ届け出てください。
 届出が必要な取引の規模は、都市計画区域の市街化区域が2,000平方メートル以上、それ以外の区域は5,000平方メートル以上、都市計画区域外の区域は10,000平方メートル以上です。

お問い合わせ

西原村役場 企画商工課
代表電話番号:096-279-3111 / 直通電話番号:096-279-3112
FAX番号:096-279-3506

ページの先頭へ