一般会計歳入決算の状況


平成19年度 決算状況(一般会計)

歳入決算状況  

■平成12年度歳入決算額

 前表のうち12年度決算を、一般財源と特定財源に分けてみました。 
 一般財源とは、その使途が特定されずどのような経費にも使用できるもので、逆に特定財源とは、その使途が特定され目的の経費以外の使用ができない財源です。よって、一般財源の割合が多いほど、村の自主性が生かされることとなります。 
歳入

財政状況トップへ


一般会計歳出決算状況へ


※財政用語の解説

©copyright Nishihara village. All rights reserved.