一般会計歳入決算の状況


平成14年度 決算状況(一般会計)

2、歳入決算状況

 決算額は、平成13年度と比較して1億3,605万円、3.8%の増額となりました。主な増減は以下のとおりですが、収入総額の32.6%を占める地方交付税は、今後も、段階補正の見直し、起債の元利償還に対する交付税措置の減額、財源対策債への振替等に伴い減少していくものと思われます。
 36億8,658万円の歳入(収入)に対して34億9,670万円を歳出。差し引き1億8,988万円を平成15年度へ繰り越しております。

増加したもの

道路や施設整備等の為に国や金融機関から借り入れた村債・・・・・・・・・2億5,323万
山西小学校大規模改造事業の国庫支出金・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5,630万
太陽光フィールドテスト事業助成金(にしはら保育園)・・・・・・・・・・・・・・・・1,124万円
前年度事業繰越等による繰越金・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1,176万円
財政調整基金繰入金・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5,000万円

減少したもの

段階補正の見直し、臨時財政対策債への振替等による地方交付税・・・・・1億570万円
企業等の収益減等による法人村民税・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7,188万
個人の預金利子相当課税分の利子割交付金・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1,635万円

目的別歳入決算の状況(決算統計より)
区分
科目
平成13年度

平成14年度

伸び率
b/a×100
決算額(a)
構成比
決算額(b)
構成比
自主財源
1村税
6億7,960万円
19.1%
6億739万円
16.5%
△10.6%
2分担金及び負担金
1,246万円
0.3%
956万円
0.3%
△23.3%
3使用料及び手数用
5,702万円
1.6%
5,914万円
1.6%
3.7%
4財産収入
3,036万円
0.9%
3,305万円
0.9%
8.9%
5繰入金
3,407万円
1.0%
5,980万円
1.6%
75.5%
6繰越金
1億6,643万円
4.7%
1億7,819万円
4.8%
7.1%
7寄付金
71万円
0.0%
454万円
0.1%
540.7%
8諸収入
1,728万円
0.5%
2,955万円
0.8%
71.0%
小計
9億9,793万円
28.1%
9億8,122万円
26.6%
△1.7%
依存財源
9地方譲与税
3,870万円

1.1%

3,884万円
1.0%
0.4%
10利子割交付金
2,226万円
0.6%
591万円
0.2%
△73.5%
11地方消費税交付金
5,828万円
1.6%
5,321万円
1.4%
△8.7%
12ゴルフ場利用税交付金
6,322万円
1.8%
5,917万円
1.6%
△6.4%
13自動車取得税交付金
1,567万円
0.4%
1,338万円
0.4%
△14.6%
14地方特例交付金
2,048万円
0.6%
1,865万円
0.5%
△9.0%
15地方交付税
13億607万円
36.8%
12億37万円
32.6%
△8.1%
16交通安全対策特別交付金
58万円
0.0%
63万円
0.0%
9.9%
17国庫支出金
1億2,409万円
3.5%
1億6,411万円
4.4%
32.3%
18県支出金
2億4,375万円
6.9%
2億3,836万円
6.5%
△2.2%
19村債
6億5,950万円
18.6%
9億1,273万円
24.8%
38.4%
小計
25億5,260万円
71.9%
27億536万円
73.4%
6.0%
歳入合計
35億5,053万円
100.0%
36億8,658万円
100.0%
3.8%

※平成13年度の繰入金には、介護保険円滑導入基金繰入金(1,267万円)を含んでいません。


歳入



※財政用語の解説

©copyright Nishihara village. All rights reserved.