平成19年度 会計別決算状況


平成19年度 決算総括表


1、平成19年度決算の状況

(1) 平成19年度 会計別決算状況

 平成19年度に村民の皆様に納めていただいた税金や、国、県からの補助金・地方交付税などがどのくらい入り、どのように使われたかを示す一般会計及び特別会計決算が平成20年8月の村議会定例会で認定されました。

 国内経済は上を向き始めたようでありますが、地域格差は相変わらず広がる一方であり、西原村においても、トンネルの先の出口の明かりが中々大きくならない現状にあります。

 そのような中で、村民の皆さんのご理解ご協力、議員各位の強力なご指導、そして職員の懸命な努力が実りまして、平成19年度も前年度に引き続き、「最低限の予算で最大の効果を上げる」べく、効率的でメリハリの効いた予算執行、行財政運営に努め、経常収支比率も87.7%(対前年度1.2ポイントの減)と財政の健全化を進めることができ、下記のとおりの余剰金をもって越年することが出来ました。

 決算統計は統計資料という性格から、歳入(収入)で保育料負担金等は、予算では負担金に計上しますが、統計では使用料及び手数料に計上したり、歳出(支出)について、通常は物件費に計上する備品購入費の一定額以上を普通建設費として計上するなど、統計上の決まりにより算定していますので、本村決算書と異なる科目があります。あくまでも決算の動向を知る参考資料としてご覧ください。

【一般会計及び特別会計】
●区分 一般会計

・予算類 A
30億5562万円

・予算類 B
31億2745万円

・支出済額 C
28億9246万円

・歳入歳出差引残高 D=B-C 
2億3499万円

●区分(特別会計)国民健康保険

・予算類 A
8億3150万円

・予算類 B 
8億3115万円

・支出済額 C
7億7471万円

・歳入歳出差引残高 D=B-C 
5644万円

●区分(特別会計) 老人保健

・予算類 A
8億2849万円

・予算類 B 
8億3688万円

・支出済額 C
7億9978万円

・歳入歳出差引残高 D=B-C 
3710万円

●区分(特別会計) 介護保険

・予算類 A 
4億1614万円

・予算類 B 
4億1658万円

・支出済額 C
3億8500万円

・歳入歳出差引残高 D=B-C 
3158万円

●区分(特別会計) 中央簡易水道事業

・予算類 A
9778万円

・予算類 B 
1億102万円

・支出済額 C
7562万円

・歳入歳出差引残高 D=B-C 
2540万円

●区分(特別会計) 森林開発公団分収造林

・予算類 A
2616万円

・予算類 B 
2617万円

・支出済額 C
2569万円

・歳入歳出差引残高 D=B-C 
48万円

●区分(特別会計) 計

・予算類 A
22億7万円

・予算類 B 
22億1180万円

・支出済額 C
20億6080万円

・歳入歳出差引残高 D=B-C 
1億5100万円

合計

・予算類 A
52億5569万円

・予算類 B 
53億3925万円

・支出済額 C
49億5326万円

・歳入歳出差引残高 D=B-C 
3億8599万円

前年度合計

・予算類 A
54億9223万円

・予算類 B 
54億7254万円

・支出済額 C
51億479万円

・歳入歳出差引残高 D=B-C 
3億6775万円

増減額

・予算類 A
▲2億3654万円

・予算類 B 
▲1億3329万円

・支出済額 C
▲1億5153万円

・歳入歳出差引残高 D=B-C 
1824万円

増減率

・予算類 A
▲ 4.3%

・予算類 B 
▲ 2.4%

・支出済額 C  

▲ 3.0%

・歳入歳出差引残高 D=B-C 
5.0%


【工業水道事業会計】
●区分 収益的収支 ・予算類 A
1877万円
・予算類 B
1953万円
・支出済額 C
1074万円
・歳入歳出差引残高 D=B-C
879万円
●区分( 対前年) 前年度合計

・予算類 A
1753万円

・予算類 B
1807万円
・支出済額 C
1195万円
・歳入歳出差引残高 D=B-C
612万円
●区分 ( 対前年 増減額
・予算類 A
124万円
・予算類 B
146万円
・支出済額 C
▲121万円
・歳入歳出差引残高 D=B-C
267万円
●区分 ( 対前年 増減率
・予算類 A
7.1%
・予算類 B
8.1%
・支出済額 C
▲10.1%
・歳入歳出差引残高 D=B-C
43.6%

平成19年度 決算総括表


1、平成19年度決算の状況

(1) 平成19年度 会計別決算状況

 平成19年度に村民の皆様に納めていただいた税金や、国、県からの補助金・地方交付税などがどのくらい入り、どのように使われたかを示す一般会計及び特別会計決算が平成20年8月の村議会定例会で認定されました。

 国内経済は上を向き始めたようでありますが、地域格差は相変わらず広がる一方であり、西原村においても、トンネルの先の出口の明かりが中々大きくならない現状にあります。

 そのような中で、村民の皆さんのご理解ご協力、議員各位の強力なご指導、そして職員の懸命な努力が実りまして、平成19年度も前年度に引き続き、「最低限の予算で最大の効果を上げる」べく、効率的でメリハリの効いた予算執行、行財政運営に努め、経常収支比率も87.7%(対前年度1.2ポイントの減)と財政の健全化を進めることができ、下記のとおりの余剰金をもって越年することが出来ました。

 決算統計は統計資料という性格から、歳入(収入)で保育料負担金等は、予算では負担金に計上しますが、統計では使用料及び手数料に計上したり、歳出(支出)について、通常は物件費に計上する備品購入費の一定額以上を普通建設費として計上するなど、統計上の決まりにより算定していますので、本村決算書と異なる科目があります。あくまでも決算の動向を知る参考資料としてご覧ください。

【一般会計及び特別会計】
区分 予 算 額
収入済額
支出済額
歳入歳出差引残高
D=B-C
一般会計 30億5562万円 31億2745万円 28億9246万円 2億3499万円
特別会計 国民健康保険 8億3150万円 8億3115万円 7億7471万円 5644万円
老人保健 8億2849万円 8億3688万円 7億9978万円 3710万円
介護保険 4億1614万円 4億1658万円 3億8500万円 3158万円
中央簡易水道事業 9778万円 1億102万円 7562万円 2540万円
森林開発公団分収造林 2616万円 2617万円 2569万円 48万円
22億7万円 22億1180万円 20億6080万円 1億5100万円
合計 52億5569万円 53億3925万円 49億5326万円 3億8599万円
対前年 前年度合計 54億9223万円 54億7254万円 51億479万円 3億6775万円
増減額 ▲2億3654万円 ▲1億3329万円 ▲1億5153万円 1824万円
増減率 ▲ 4.3% ▲ 2.4% ▲ 3.0% 5.0%

【工業水道事業会計】
区  分 予算額
収入済額
支出済額
歳入歳出差引残高
D=B-C
収益的収支 1877万円 1953万円 1074万円 879万円
対前年 前年度合計 1753万円 1807万円 1195万円 612万円
増減額 124万円 146万円 ▲121万円 267万円
増減率 7.1% 8.1% ▲10.1% 43.6%

 

 

modoru1.gif

©copyright Nishihara village. All rights reserved.