• 目的別
  • 出来事別

ホーム > 暮らしの情報 > 生活環境 > ごみ・リサイクル・環境 > 要注意!!「セアカゴケグモ」「ハイイロゴケグモ」

特定外来生物に指定されている「毒をもったなクモ」です。

・これは、オーストライア原産の毒をもった外来種のクモです。現在、24都道府県で繁殖しているのが確認されており、九州では福岡県・宮崎県・鹿児島県でも確認されています。県内への侵入も危惧されますので、警戒が必要です!

【特徴】                                                                    

  セアカゴケグモは体長約0.7~1.0cm、背面、腹部に赤色の斑点があります。ハイイロゴケグモは体長約0.7~1.0cm、腹部に赤色の斑点があります。

毒をもっているのはメスだけです。

 

■このクモは、地面や人工物のあらゆる窪みや穴、裏側、隙間など(例)プランターの底、室外機の裏、ベンチ下、側溝などに生息しています。

■咬まれたときの症状:咬まれた場合、激しい痛みを感じることがあり、咬まれた場所が腫れ、全身症状(痛み、発汗、発熱など)が表われる。手当が遅れると、重症化することがあるため咬まれたらすぐに医療機関で治療を受けましょう。

☆決して、素手で触らないようにお願いします!

☆もし、発見した場合、下記機関へご連絡お願いします。

 

  • 【連絡先】                                                                 
  •    ・熊本県環境生活部環境局自然保護課      TEL096-333-2274                       
  •        ・環境省九州地方環境事務所野生生物課     TEL096-214-0339                                                         ]
  •        ・阿蘇地域振興局林務課                TEL0967-22-1110(代)                     
  •       ・西原村役場住民課                   TEL096-279-3111

●詳しくは、要注意!セアカゴケグモ・ハイイロゴケグモをご覧ください。 

 

 

 

 

©copyright Nishihara village. All rights reserved.