本文へスキップ

(1)農林業者向け支援制度

震災復旧緊急対策経営体育成支援事業

お問合せ:産業課

対象となるかた

 熊本地震による農業被害により農業用施設等が被災した者であって、地方公共団体による支援や融資を受けて、被災施設の復旧等、又は倒壊した畜舎等の撤去を行うことにより農業経営を継続しようとする農業者

支援の内容

支援概要①

 農産物の生産・加工に必要な施設(畜舎、農業用ハウス、加工施設等)の再建・修繕や農業用・加工用機械の取得・修繕に対して助成。

対象事業内容①

  • 農産物の生産及び生産した農産物の加工に必要な施設並びにその附帯施設の再建・修繕(必要な資材を購入して自ら再建・修繕する場合を含む)
    (例):畜舎、農業用ハウス、育苗施設、農作業用施設(農機具格納庫や農業資材庫)、堆肥製造施設、加工施設、加温用ボイラー、水耕栽培用ベンチなど
  • 農業用機械及び生産した農産物の加工に必要な機械の取得・修繕
    (例):トラクター、田植機、コンバインなど

注意

以下のものは対象となりません。

  • 農業用生産・加工に必要な施設以外の施設(販売用施設等)
  • 運搬用トラック、軽トラック、パソコン等汎用性の高い機械
  • 附帯・補完的器具(育苗箱、パレット、コンテナ、運搬台車等)
  • 消耗品(トンネル、マルチ、燃料、農薬、肥料等)

(注) 施設の強度の向上や規模拡大等を行うことも可能ですが、原形復旧を超える部分は自己負担となります。

(注) 被災地での再建が困難な場合には、場所を移動して再建することも対象になります。

助成率①

①事業費 × 9/10以内

支援概要②

 営農再開を前提に、農産物の生産に必要な施設の撤去についての助成。

対象事業内容②

 被災した施設(農産物の生産に必要なもの)の解体、廃材の運搬・処理

助成率②

 定額助成単価に施設の面積を乗じた金額と撤去を行うために実際に支出する(した)費用のうちいずれか低い額

定額助成単価
施設 単価(円/平方メートル)
被覆材がガラスのハウス 1,200円
施設 単価(円/平方メートル)
被覆材がプラスチックで骨材が鉄骨のハウス 880円
被覆材がプラスチックで骨材が鉄骨でないハウス 290円
畜舎 4,500円
その他(市町村特認)

(注) いずれの支援制度も平成28年熊本地震により被害を受けた日以降の取組(着工)であれば、事業計画承認等の手続き前であっても支援の対象となります。

  • 施設の被害状況、作業をおこなった者、日付、費用の額が分かる書き物や写真
  • 作業を外注した場合の発注書、納品書、請求書、領収書などの書類の保存をお願いします。

(注) 被災した農業用施設の解体・撤去制度については、被災建物の解体・撤去支援制度と重複して申請することはできません。

ページの先頭へ