• 目的別
  • 出来事別

ホーム > 緊急情報 > 西原村災害義援金(村独自)の配分決定について

西原村災害義援金(村独自)の配分決定について

 熊本地震で被災された方々のために、多くの皆様から西原村へ寄せられた義援金について、対象世帯へ次のとおり配分を行います。
 なお、平成28年11月末日において、西原村に寄せられた義援金は、746件 124,836,130円となりました。多くの皆さまからの温かいご支援をいただき、心よりお礼申し上げます


 1 配分対象及び配分額 

 配分対象となるのは、平成28年4月14日及び16日に発生した「平成28年熊本地震」により、西原村内で被害を受けた住家に居住していた世帯で、「罹災証明書」を取得した世帯の世帯主において、下記「●村義援金配分の対象世帯」に該当する者(世帯)となります。住家以外の建物被害は対象外です。


 

 2  配分(申請)方法

  村義援金配分については、既に県の義援金配分申請がお済の方は、以前申請された指定口座へ振込みますので、申請の必要はありません。

※これまで支援が届かなかった一部損壊の全世帯にも配分されることとなりましたので、一部損壊世帯の世帯主は必ず申請が必要です。
 なお、一部損壊世帯において、県配分義援金申請(100万円以上の修理費を支出された世帯につき10万円)をされる方は、その申請によりこの村義援金配分申請もされたこととなります。
※配分対象世帯において、まだ一度も義援金配分申請されていない方は申請が必要ですが、一つの申請により県配分及び村配分の支給対象となります。
※「り災証明書」が未申請の方は、まず「り災証明書」の交付申請を行ってください。

 申請に必要な書類

住家被害の場合:原則世帯主が申請者となります

 ① 西原村「平成28年熊本地震」義援金交付申請書(一部損壊世帯の場合、「一部損壊世帯用」)
 ② 罹災証明書の写し
 ③ 振込口座の通帳またはキャッシュカード(申請者名義のもの)
 ④ 申請者の印鑑
 ⑤ 窓口へ来られた方の本人確認が出来る物(運転免許証や保険証等)
 ⑥ 一部損壊世帯の場合、「100万円以上の修理費を支出した世帯」を対象とした県配分義援金を
    同時に申請される方は、工事における領収書・内訳がわかる工事明細書や見積書、明細等が
      ない場合は、修理前後がわかる写真(※村配分義援金のみ申請の方は⑥は不要です。)

人的被害の場合:同一世帯(世帯主)の方・または遺族が申請者となります

 ① 住家被害の①~⑤(住家被害申請と兼ねる場合は不要)
  ② 医師の診断書(重傷者申請の場合)



 3  一部損壊世帯の申請期日等

 受付期間 平成29年1月23日(月) ~ 平成30年3月30日(金)※予定 (※土日祝日等の閉庁日を除く)

 受付場所 役場正面玄関東側プレハブ事務所
          (郵送での申請も可能です。申請に必要な書類をご確認のうえ郵送ください。

  受付時間 午前8時30分~午後5時まで

※申請受付は、一部損壊世帯が1,000件を超えることから、窓口での混雑を避けるため、地区割りをさせていただきます。 なお、受付期間は平成30年3月まで予定しておりますので、余裕をもってお越しください。

日  程 受付地区
 1月23日(月)  鳥子・小森東・宮山
 1月24日(火)  小森西
 1月25日(水)  布田・河原
 1月26日(木)  高遊
 1月27日(金)  高遊
 1月30日(月)以降  地区指定なし


4 その他

●義援金配分は、原則申請書記載口座への口座振込となります。県配分の申請が済んでおられる方は、同じ口座に村配分を2月頃より順に追加振込します。
 今後も追加配分や西原村災害義援金がある場合には、広報やホームページ等でお知らせしますが、最初に出された申請書をもって追加配分等の申請があったものとします。(必ずしも追加配分があるとは限りません。)
 義援金配分は、決定後の義援金口座振込まで早めの処理を行いたいため、口座振込をもって支給決定通知に代えさせていただきます。審査において対象外となった場合は通知をお送りします。

    ©copyright Nishihara village. All rights reserved.